TSUZUKI☆ballet studio

日々の事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

summerballetconcert2010


6月13日、日本バレエ協会の公演に出演しました!
観に来てくださった方、ありがとうございました 本当にいつも感謝しています。
今回は、『エマネーション』という作品。
前にもブログに書いたかなぁ…久しぶりのバレエ協会で、完全にアウェイです
若い子といったら、多分うちの娘の方が歳が近いんじゃないかって子達と、一方は大先輩と一緒に踊りました
最初は難しい振付に追われて合わせるよりも、各々が必死でバラバラ感があったけれど本番が近ずくにつれ何とも言えない連帯感を感じました!
本番は、膝もスッカリ良くなったからか、ここ何年もなかったけど我を忘れる… う~ん違う。
邪念が全くない状態かな?そんな風になったのは良くも悪くも本当に久しぶりでした。
それは、プレゼンテーションも考えないって事だから自己満足かもしれないけど。
良い振付に出会えて良かった
主役の新国立の男性ダンサーもステキでした 私よりウエスト細いのにはビックリだけど
スポンサーサイト
  1. 2010/06/15(火) 19:27:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大阪!

行ってきました大阪
6月6日、私以外のパキータ出演者は早朝5時に新幹線に乗り 午前中から舞台稽古。
私は他の舞台の仕事があり(メイクや袖付きなどのスタッフの方ね) 夜に向かう事になりました。
夜8時に新幹線に乗って新大阪到着。
電車が遅れてるらしくてホームに人がごった返しになったケド、面白かったぁだってみんな漫才師なんだもん!
 そんなこんなでホテル到着は12時まわってました
 朝、楽屋入りしたら皆が昨日の舞台稽古は最悪な出来で、付き添いで来た振付の先生激怒だったと…凄く踊りにくいステージだって言うから不安になった…  だってまだ膝も痛いのに
そんな不安な気持ちで不穏な空気の中、皆でメイクし始めたらモニターからこの公演の主催者の先生の声が…!
この先生、元香港バレエ団のソリストでテクニシャンで有名だった方で、バレエ団で知り合った中国人ダンサーと結婚した人なので、勝手にちょっとお高い感じのイメージだった…がしかし!
舞台ゲネプロのガナリと言って、客席からマイクで立ち位地とか指導するんだけれど、そのガナリが!
『えぇかぁ? 回るもんは下半身やでっ!手ぇで回るんとちゃうで~』ってもの凄いかん高い声でしかも早口!
楽屋で、『そうなんやぁ』って呟いちゃいました

あと、『まぁ、の~っそりお出ましアリガトさん…ってクマさんや無いんやでっサッサと出てきぃやっ』とノリツッコミまで。
もぉ皆で笑っちゃった!

とにかくこの先生、声が大きい。かん高い声が腹から発声されている!

廊下で生徒が『センセ…』と声をかけると

食いぎみに『はいっ! なんでしょおーっ』(笑)

ステキです
肝心な自分の踊りはというと、慎重だったせいかテクニックも失敗なく、大阪だから派手に踊ろうかと思って胸が上がっててたせいか、アラベスクがバランスとれちゃった! 良かったぁ

生徒にも胸あげさせよう!

そして終演後、大阪の街を歩く事もなく冷めた差し入れのたこ焼きをくちにツッコミながらメイク落として支度して急いで新大阪
帰宅したのは夜中1時過ぎてた
次の日は朝から教えだ
  1. 2010/06/10(木) 23:13:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。